カントン包茎はどういった包茎なのか

包茎といっても様々な種類があります。
カントン包茎はそのうちの一つです。
これは、包皮口が非常に狭くなっているため、亀頭を露出させることが難しいです。
平常時であればなんとか露出させることはできますが、皮が狭くなっているので無理に露出させようとすると傷つけてしまうことになります。
カントン包茎は仮性包茎とは異なって、露出が難しいことによる不便さや危険性もありますので、そのままにしておかない方がよいです。
例えば、亀頭が圧迫されてうっ血してしまい、その場合は放置すると壊死してしまうこともあります。
そのため、うっ血してしまった場合は医療機関に行って早めの対処をする必要があります。
無理に剥かないことが重要ですが、性交渉の時に意図せずに剥けてしまうことはありますので注意しましょう。
包皮口が狭いので、無理に剥いた場合に亀頭が腫れてしまって、皮を戻せなくなることもあります。
そのため、無理に剥くことは控えるべきです。
カントン包茎をそのままにしていた場合、ほかにも中にカスがたまりやすくなる、コンプレックスに感じて性交渉が苦手になってしまうなどのトラブルがあります。
改善したい場合は、外科的手術によって包茎治療をする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です