真性包茎のデメリット

ペニスは陰茎部と亀頭部に分けられていて陰茎部は包皮に覆われています。
包茎は亀頭部分も包皮に覆われている状態のことで、そのうち真性包茎はちょっと顔を出すことが出来ても戻ってしまうような常に皮をかぶっていて手でむくことが出来ないものをいいます。
これは病気ではなく、必ず病院に行って治療しなくてはいけないというものではないと言われていますが、本当に放っておいて良いのか気になりますよね。
真性包茎はおしっこが一旦包皮の中に溜まってから出されるので尿の切れが悪くなりそのために下着が汚れたり、ニオイがする、垢が溜まることが大きなデメリットです。
こんな不衛生な状態が続いていると病気になりやすくなってしまうというのは想像に容易いですね。
包皮の内側に溜まった分泌物や微生物が炎症を起こして、しいては陰茎癌を発症する事態にまで発展してしまいます。
それから、ペニス全部が皮に覆われているために刺激に弱く、いざという時に早漏で女性を満足させられないだとか、見た目が子供のペニスのようだったり又コンドームが付けにくい、ニオイが気になるなどによって女性に対して臆病になることも多いと言われています。
自身で真性包茎に気が付かないこともありますが、手術に保険が適用される場合もありますので少しでも気になることがあれば病院に行くことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です