包茎の中でもリスクが高い真性包茎

包茎は直接、命にかかわる病気ではありませんが、放置して平気な問題でもありません。
特に真性包茎は危険性が高いです。
普段は亀頭が包皮に包まれてしまっているが、性行為やお風呂の時、自力で包皮が剥ける仮性包茎だと、リスクは比較的低めです。
見た目は不格好ですが、清潔を保ちやすくセックスやマスターベーションも基本的に進められます。
対して真性包茎は常に包皮が亀頭を囲っており、自分の指先で剥く事が出来ません。
少し触るだけで激しい痛みが走るため、仮性包茎とは違い、マスターベーションやセックスは普通に出来ませんし、排尿やお風呂で洗う事にも支障を来します。
真性包茎は性病のリスクが高くなる危険性があります。
包皮と亀頭が常に密着しており、そこには色々な雑菌や老廃物が蓄積していき、危険性が高くなるのです。
不潔な状態になりやすく、お風呂場で綺麗に亀頭を洗えないため、常に不快なにおいを発する下半身になる、このようなリスクが見られます。
加えて真性包茎のままではセックスが行いづらく、性的な気持ちよさがまるで感じられなかったり、あるいは極端に感度が良くなる、俗にいうところの早漏体質になったりと、包茎はすみやかに改善しておきたいコンプレックスです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です