高リスクな真性包茎、一方で仮性包茎も要注意

包茎には大きく分けて二つの系統があります。
一つ目は真正包茎です。
ペニスががっちりと包皮に守られている状態であり、明らかに包茎だと一目で分かるものです。
リスクが一目瞭然なので多くの方々が手術に対して前向きとなります。
ペニスのコンディションが悪いと早漏体質になったり、セックスやマスターベーションが正しく出来ません。
男性にとって下半身が普通に使えない事は大きなストレスです。
それこそ思い詰める位のストレス源になるのは必至で、早めに手術を受けなければいけません。
対して二つ目のタイプの仮性包茎ですが、普段は包皮が守っているものの、自分の手でペニスの亀頭を比較的簡単に露出させられます。
そのためマスターベーションなども普通に出来る事が多く、一応セックスの時も剥く事で普通に行為が出来るため、多くの男性が手術を受けていないのが実態です。
仮性包茎は真性包茎に比べてリスクが随分と低いですが、見た目が悪いのと早漏体質になりやすいのが難点です。
特に後者の早漏体質になりやすい点は、見えないリスクであり、思春期の頃からずっとペニスが弱い状態のまま成長しないため、大人になった後セックスを楽しみ難い体質になりますので、仮性包茎でも改善手術は前向きに検討すべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です