包茎手術と治療について

包茎というのは男性の大きな悩みとして捉えられています。
女性にとってはなんともないことではありますが、実は性行為のときに不具合が生じてしまうことが多いのです。
日本人男性の6割ほどが包茎に悩んでおり治療を考えている方が多いといいます。
カントン包茎や真性になると難しい手術をする必要があるので、手術に踏み切ることに対して葛藤がある男性も多いのです。
性行為の際にどんな不具合が生じるかと言えば、勃起をしたときに亀頭が包皮に包まれたままになっているので射精がしづらく、また感度が悪くなるという不具合が生じてしまいます。
また、包皮に包まれているとそこに垢が溜まりやすく、衛生的にも問題があります。
嫌な臭いの発生源となってしまうので、女性に敬遠されてしまうのではないかと考えている男性も多く、その事が治療を決断させる要因にもなっているのです。
手術に対しては費用が比較的高額であり、また症状が真性包茎にもなると治療が難しいのも事実です。
皮と皮をつなぎ合わせる必要があるので、一種の整形手術のようになることから、腕の良い医師を探すことがとても重要なのです。
失敗してしまうと訴訟に発展したケースも有ることを耳にしたことがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です