包茎の中でもリスクが高い真性包茎

包茎は直接、命にかかわる病気ではありませんが、放置して平気な問題でもありません。
特に真性包茎は危険性が高いです。
普段は亀頭が包皮に包まれてしまっているが、性行為やお風呂の時、自力で包皮が剥ける仮性包茎だと、リスクは比較的低めです。
見た目は不格好ですが、清潔を保ちやすくセックスやマスターベーションも基本的に進められます。
対して真性包茎は常に包皮が亀頭を囲っており、自分の指先で剥く事が出来ません。
少し触るだけで激しい痛みが走るため、仮性包茎とは違い、マスターベーションやセックスは普通に出来ませんし、排尿やお風呂で洗う事にも支障を来します。
真性包茎は性病のリスクが高くなる危険性があります。
包皮と亀頭が常に密着しており、そこには色々な雑菌や老廃物が蓄積していき、危険性が高くなるのです。
不潔な状態になりやすく、お風呂場で綺麗に亀頭を洗えないため、常に不快なにおいを発する下半身になる、このようなリスクが見られます。
加えて真性包茎のままではセックスが行いづらく、性的な気持ちよさがまるで感じられなかったり、あるいは極端に感度が良くなる、俗にいうところの早漏体質になったりと、包茎はすみやかに改善しておきたいコンプレックスです。

包茎手術と治療について

包茎というのは男性の大きな悩みとして捉えられています。
女性にとってはなんともないことではありますが、実は性行為のときに不具合が生じてしまうことが多いのです。
日本人男性の6割ほどが包茎に悩んでおり治療を考えている方が多いといいます。
カントン包茎や真性になると難しい手術をする必要があるので、手術に踏み切ることに対して葛藤がある男性も多いのです。
性行為の際にどんな不具合が生じるかと言えば、勃起をしたときに亀頭が包皮に包まれたままになっているので射精がしづらく、また感度が悪くなるという不具合が生じてしまいます。
また、包皮に包まれているとそこに垢が溜まりやすく、衛生的にも問題があります。
嫌な臭いの発生源となってしまうので、女性に敬遠されてしまうのではないかと考えている男性も多く、その事が治療を決断させる要因にもなっているのです。
手術に対しては費用が比較的高額であり、また症状が真性包茎にもなると治療が難しいのも事実です。
皮と皮をつなぎ合わせる必要があるので、一種の整形手術のようになることから、腕の良い医師を探すことがとても重要なのです。
失敗してしまうと訴訟に発展したケースも有ることを耳にしたことがあります。

カントン包茎はどういった包茎なのか

包茎といっても様々な種類があります。
カントン包茎はそのうちの一つです。
これは、包皮口が非常に狭くなっているため、亀頭を露出させることが難しいです。
平常時であればなんとか露出させることはできますが、皮が狭くなっているので無理に露出させようとすると傷つけてしまうことになります。
カントン包茎は仮性包茎とは異なって、露出が難しいことによる不便さや危険性もありますので、そのままにしておかない方がよいです。
例えば、亀頭が圧迫されてうっ血してしまい、その場合は放置すると壊死してしまうこともあります。
そのため、うっ血してしまった場合は医療機関に行って早めの対処をする必要があります。
無理に剥かないことが重要ですが、性交渉の時に意図せずに剥けてしまうことはありますので注意しましょう。
包皮口が狭いので、無理に剥いた場合に亀頭が腫れてしまって、皮を戻せなくなることもあります。
そのため、無理に剥くことは控えるべきです。
カントン包茎をそのままにしていた場合、ほかにも中にカスがたまりやすくなる、コンプレックスに感じて性交渉が苦手になってしまうなどのトラブルがあります。
改善したい場合は、外科的手術によって包茎治療をする必要があります。

高リスクな真性包茎、一方で仮性包茎も要注意

包茎には大きく分けて二つの系統があります。
一つ目は真正包茎です。
ペニスががっちりと包皮に守られている状態であり、明らかに包茎だと一目で分かるものです。
リスクが一目瞭然なので多くの方々が手術に対して前向きとなります。
ペニスのコンディションが悪いと早漏体質になったり、セックスやマスターベーションが正しく出来ません。
男性にとって下半身が普通に使えない事は大きなストレスです。
それこそ思い詰める位のストレス源になるのは必至で、早めに手術を受けなければいけません。
対して二つ目のタイプの仮性包茎ですが、普段は包皮が守っているものの、自分の手でペニスの亀頭を比較的簡単に露出させられます。
そのためマスターベーションなども普通に出来る事が多く、一応セックスの時も剥く事で普通に行為が出来るため、多くの男性が手術を受けていないのが実態です。
仮性包茎は真性包茎に比べてリスクが随分と低いですが、見た目が悪いのと早漏体質になりやすいのが難点です。
特に後者の早漏体質になりやすい点は、見えないリスクであり、思春期の頃からずっとペニスが弱い状態のまま成長しないため、大人になった後セックスを楽しみ難い体質になりますので、仮性包茎でも改善手術は前向きに検討すべきです。

真性包茎のデメリット

ペニスは陰茎部と亀頭部に分けられていて陰茎部は包皮に覆われています。
包茎は亀頭部分も包皮に覆われている状態のことで、そのうち真性包茎はちょっと顔を出すことが出来ても戻ってしまうような常に皮をかぶっていて手でむくことが出来ないものをいいます。
これは病気ではなく、必ず病院に行って治療しなくてはいけないというものではないと言われていますが、本当に放っておいて良いのか気になりますよね。
真性包茎はおしっこが一旦包皮の中に溜まってから出されるので尿の切れが悪くなりそのために下着が汚れたり、ニオイがする、垢が溜まることが大きなデメリットです。
こんな不衛生な状態が続いていると病気になりやすくなってしまうというのは想像に容易いですね。
包皮の内側に溜まった分泌物や微生物が炎症を起こして、しいては陰茎癌を発症する事態にまで発展してしまいます。
それから、ペニス全部が皮に覆われているために刺激に弱く、いざという時に早漏で女性を満足させられないだとか、見た目が子供のペニスのようだったり又コンドームが付けにくい、ニオイが気になるなどによって女性に対して臆病になることも多いと言われています。
自身で真性包茎に気が付かないこともありますが、手術に保険が適用される場合もありますので少しでも気になることがあれば病院に行くことをお勧めします。